村田 智明
Chiaki Murata
村田 智明 / Chiaki Murata

1959年鳥取県境港市生まれ。1982年に大阪市立大学工学部応用物理学科卒業後、三洋電機株式会社デザインセンター入社。1986年にハーズ実験デザイン研究所を設立、プロダクトを中心に広範囲なデザイン活動を行う。オムロンの血圧計「スポットアーム」(2004年)やマイクロソフト「Xbox 360」(2005年)などを手がけ、記録的な販売数量を達成する。自ら立ち上げたブランド共有型コンソーシアムブランドMETAPHYS製品は、Gマーク特別賞をはじめ、DFAグランプリ、RED DOT BEST OF BEST、ジャーマンデザインアワードWINNER賞など、国内外で50点以上を受賞。自ら実践している心理行動分析法による商品開発メソッド「行為のデザイン」や「感性価値ヘキサゴングラフ」は、多くの企業や行政で導入されている。また東京都美術館新伝統工芸プロデュース事業(TC&D)や越前ブランドプロダクツコンソーシアム(iiza)、鳥取プロダクツコンソーシアム(TOTT)など、地域振興施策としてデザインを活用したプロデュース業務にも数多く携わる傍ら、eco products design competition 2007~2010、 social design conference 2011~2015の開催を通じて「ソーシャルデザイン」という言葉を生み出し、社会性を持ったデザインの啓蒙に尽力している。神戸芸術工科大学客員教授、九州大学非常勤講師、2011年から京都造形芸術大学大学院にて、デザインで社会問題を解決するSDI(ソーシャルデザイン・インスティテュート)を開講した。著書に『ソーシャルデザインの教科書』(生産性出版)、『問題解決に効く行為のデザイン思考法』(CCCメディアハウス)がある。

主な受賞歴
2001 「3方向衝撃加速度計」グッドデザイン賞 金賞受賞
2005 無人航空機「カイトプレーンレスキュー」グッドデザイン賞中小企業庁長官特別賞受賞
METAPHYS「falce」中小企業庁長官特別賞受賞、ODC選定グッドデザイン商品年間最優秀賞
2007 METAPHYS「hono」新日本様式受賞
2008 METAPHYS「viss」ステーショナリーオブザイヤー受賞
METAPHYS「uzu」Design for Asia Award ブロンズ賞受賞
2009 METAPHYS「susuki」Design for Asia Award ブロンズ賞受賞
2010 「JAPANBRAND越前打刃物」 IFデザイン賞/「ナイフボード」ドイツアンビエンテ・デザインプラス賞受賞
METAPHYS「lucano」Red dot Award・ Best of best受賞
METAPHYS「susuki」パリ、メゾンエオブジェ BEST NEW PRODUCT AWARD受賞
METAPHYS「lucano」中小企業庁長官特別賞受賞
釜山デザインセンター、アジアデザイナーアワードで2010アジアデザイナー賞受賞
チタン箸「uqu」Design for Asia Award ゴールド賞受賞
2011 福井県 モバイルビールサーバー「どこ生」 新事業フロンティア大賞2011受賞
METAPHYS 錫製酒器「gekka」Design for Asia Award 2011 シルバー賞受賞
2013 METAPHYS「錫製重ね酒器 suiu」Design for Asia Award 2013アジアデザイン大賞受賞
METAPHYS「lucano」3ステップ German Design Award WINNER賞受賞
2014 山本金属製作所「回転曲げ疲労試験機 GIGA QUAD」グッドデザイン賞ベスト100、ものづくりデザイン賞のW受賞
2015 METAPHYS「patis」German Design Award 2015受賞
Medidea 点滴スタンド『feel』JIDA DESIGN MUSEUM SELECTION vol.16選定
METAPHYS「lucano ladder」iF design award 2015受賞
iiza 「和包丁」iF design award 2015受賞 / JAPAN WOOD DESIGN AWARD 2015 ウッドデザイン賞
2016 iiza「研ぎ出しナイフシリーズ」iF design award 2016受賞
関連企業・団体リンク